XEマーケットの最大レバレッジ

 
lovexeXEマーケットは500倍という最大レバレッジとドル円で1.0pips~という低スプレッドが魅力のfx業者です。日本国内では規制によってレバレッジが低く抑えられてしまう中で、ハイレバで勝負したいデイトレやスキャルピング主体のトレーダーにとってはぜひおさえておきたい業者のひとつでしょう。

XEマーケットはスタンダードともいえるMT4はもちろんのこと、マルチアカウント・マネージャーソフトウェアを備えており、複数の口座を容易に管理することができます。モバイルによる取引や自動売買にも対応しており、安定したサーバー環境も整っているため、FX 初心者から熟練したトレーダーまで、理想的な取引環境を構築できることでしょう。

海外業者を利用するにあたって最も心配なのが、経営の健全さに関する情報を入手しにくいということです。XEマーケットは所在地キプロスの証券取引委員会(CySEC)の認可はもちろん、最も審査基準が厳しいとされる英国のFSAの審査をクリアしライセンスを取得しています。これによって顧客の口座は2万ユーロまでが保障対象となるので、顧客は安心して取引に臨めますし、その他各国の機関にも登録されているので非常に高い信頼性を備えているといえます。数あるFX比較サイトでも、上位にランクしている業者です。

XEマーケットの名をもっとも知らしめたのが、他の業者の追随を許さない大きな入金ボーナスのサービスです。デフォルトのサービスにおいても、初回の入金には入金額の30%のボーナスが、その後の入金についても10%のボーナスが加算されます。さらにキャンペーン期間中ともなると100%ボーナスなどが加算されたりします。これは日本国内はもとより、海外業者の中でも破格であり、これらの入金ボーナスのサービスはマイクロ、スタンダート、エグゼクティブの3種類の口座全てに適用されます。

また入金ボーナスが売りなだけあって、その扱いにおいてもXEマーケットはユーザビリティを重視しています。というのは、他の業者で入金ボーナスが加算された場合、ユーザーの口座の残高にそのまま合算されるため、実際に自分の口座からどれだけの額をキャッシュとして引き出せるかがまったくわからないといったことがよくあります。その点、XEマーケットでは残高の他に入金ボーナスはクレジットとして表示された上で、有効証拠金として合算して取り扱われます。よってユーザーは自分の口座の実際の残高を簡単に把握できるのです。これらのボーナスや口座の残高は、もちろんMT4上で容易に管理できるので、ユーザーは口座の管理に煩わされることなく取引に専念できるというわけです。