取引の種類

ワンタッチやレンジはこんな場面で使おう!


ずっと続いてきた米ドル高から一転、原油安や株価下落からの反転で、今また為替相場がにわかに大きな動きを見せはじめています。

そんななか、今人気の為替取引、バイナリーオプションが気になっているという人も多いのではないでしょうか。

もちろん、バイナリーオプションといえば基本はハイローです!

でも、じつはそれ以外にもいろいろなルールがバイナリーオプションにあるということは、知っていましたか?なかでも、24optionのような老舗から最近人気のワイバイナリーまで、多くの業者が取りあつかっている、ハイロー、ワンタッチ、レンジの3つについて紹介します!


ハイロータイプはとてもシンプルな基本ルール

ハイローは、バイナリーオプションの基本中の基本です!その名前どおり、現在のレートが、判定時刻では高くなっている(ハイ)か低くなっている(ロー)かを当てればいいだけなので、とにかく簡単。予想が当たれば、あらかじめ決められていたペイアウト率に合わせて払い戻しがあります。ほとんどの業者は、1.6~1.8倍くらいの倍率となっています。もし負けたとしても、購入した金額が返ってこないだけなので、株やFXのように、いつのまにか損失がふくらんでいた…というような心配もいっさいありません!


ワンタッチタイプは単純なルールと難しい条件

こちらは、あらかじめ設定された価格ラインに、レートが判定時刻までにとにかく一度でも触れたら成功です!目標さえ達成すればそこで取引も終了なので、ある意味ハイローよりも分かりやすいルールかもしれませんね。ただし、ルールはシンプルでも、クリア条件がハイローより難しく設定されているので、ペイアウト率が高いのも大きな魅力です!


レンジオプションはほかの投資で利益が出ないときこそチャンス

レンジというのは、一定の値幅のことです。あらかじめ設定されたレンジに、最終的にレートがおさまるかどうかを予想する方法で、ハイローやワンタッチとは違って、むしろ相場が落ち着いているほど有利になります!もしも株やFXなら、ほとんど利益が出ないような動きでも、いつでも儲けるチャンスがあるところがバイナリーオプションの最大の魅力です!

今、為替相場ではマイナス金利の導入から、円の動きがかなり激しくなっています。今後もまだ一気に反転する可能性を残しているので、このチャンスにワンタッチで狙ってみるのもいいかもしれませんね!

みなさんも、ぜひ難しいオプションにチャレンジしてみてください!