国内FXと比べた場合の海外FXの魅力

 
FXは大きくわけで国内の業者を使った取引と、海外の業者を使った取引にわけることができます。

取り扱う通貨ペアが同じだったとしても、国内の業者を使うか海外の業者を使うかで、得られる利益が大きく異なるということを知っておく必要があります。

国内の業者と海外の業者のもっとも大きな違いは、そのレバレッジにあります。レバレッジとは「テコ」を意味する言葉ですが、FXにおいては、トレーダーが投入する資金に対してどれだけの通貨を運用するかということを表します。

わかりやすく説明すると、たとえば100,000円の入金で1,000,000円分の通貨を運用した場合、自己資金に対して10倍の通貨を運用することになるので、レバレッジは10倍ということになります。

ハイロー.net
 



xemaFX 初心者にとって、特にうれしいのがこのボーナス支給です。初めて取引開始する場合、初回入金額の20%分がボーナスとして口座へ自動追加されます。つまり、XEマーケットの『リアル口座』開設後、10万円分の入金により2万円分が自動的にボーナス加算されるということです。

さらに、XEマーケットならではのボーナス加算方法も魅力です。通常は残高に加算されるボーナスが、XEマーケットではクレジットとして加算されます。ボーナスが有効証拠金として加算されることから、引き出し可能額をクリアしたかどうかが分かりやすいというメリットがあるのです。このように、MT4上でボーナスと残高の管理がしやすいのがXEマーケットの特徴です。 
 


yes海外FXをこれから始めてみようという取引初心者向きのプラットフォームが有名なeToro(イートロ)、これはアメリカに本社を置くFX業者であり、海外FX初心者に向いている業者です。新規口座開設及び初回入金をすると、入金した額に応じた大きさの口座を得られます。

各口座は50~999ドル入金(ブロンズ口座)、1,000~4,999ドル入金(シルバー口座)、5,000~19,999ドル入金(ゴールド口座)、20,000ドル以上(VIP口座)となっています。
 



そもそもFXとは、このレバレッジが存在するために少ない資金でも大きな額の取引を行うことができ、高いリターンを見込むことができるというものでした。

しかし、日本においては2011年に「レバレッジ規制」が始まってしまった結果、最大でも25倍までのレバレッジしかかけられなくなりました。それまでは400倍などの高いレバレッジをかけることができましたが、国がそれをあまりに投機的すぎると判断した結果の規制です。

しかしリスク管理ができていなければ、25倍でも400倍でも同じことですし、そもそも証拠金制度を使っている以上、一定の損失額になればすぐに取引が強制停止されるのです。(リスク管理がより分かりやすい取引方法に、バイナリーオプション取引があります。FXはまだ不安という初心者は、このバイナリーオプションから始めるパターンが多いようです。数あるバイナリーオプション業者の中で、バイナリー88をお勧めします。ここでは詳しく述べませんが、初心者向けの分かりやすいレイアウトが印象的でした。)

このように、FXの最大のメリットであるレバレッジを規制された日本では、それまでのように高い利益を獲得することが難しくなりました。もちろん膨大な自己資金を用意できるトレーダーにとっては、その限りではありませんが。

一方で海外の業者の場合だと、このレバレッジ規制はありません。そのために、従来のように少ない資金で高いリターンを得ることができるのです。これが現在、多くの日本人トレーダーが海外の業者を利用しはじめている理由です。

海外の業者というと、どうしても言語の問題などそのサポート体制に不安を感じてしまう人も多いと思いますが、実際多くの海外業者が日本の市場に向けたサービス、サポートを提供しており、日本語対応となっているところも少なくありません。

海外の業者だからといって、必ず高いレバレッジをかけなくてはならないということもないため「高いレバレッジをかけられる」という余地を残している分だけ、多くのトレーダーに選ばれていると言うことができるでしょう。

兼業主婦とは、仕事を持ちながら家庭では主婦をしている女性のことをさしています。

女性も大学に進学することが珍しくなくなり、大学でいろいろなことを学ぶと、それを生かした仕事をしたい。仕事が面白くなってくると、今度はその仕事を究めたいと思うことが多くなるのです。

しかし女性の場合は、男性のように、ずっと仕事に専念できるわけではありませんね。例えば、女性には子供を産むタイムリミットというのもあるので、仕事をしながらも将来的なことを考えなくてはいけないのです。

こうして仕事をしながら、結婚をして子どもが出来ると、仕事が忙しいからという理由で家事や育児を放り出すことはできません。それを女性はよく知っているので、結婚や出産に慎重になりますし、兼業主婦になると決めたからには、強い決意を持ってやり遂げるという姿勢を見ることが出来るのです。

兼業主婦の一番大変なことはなんでしょうか。それはやはり仕事と家庭のバランスを取ることでしょう。いつも仕事が安定しているのならばいいのですが、時期によって仕事が忙しい時もあります。特に年度末が忙しいという時には、子どもがいると、年度末は子供も進級などがあり、忙しいのです。それを両立するために仕事量を考えなくてはいけません。時には、それを見越して仕事をセーブすることもあるでしょう。やりたい仕事を受けることが出来ないことだってあるはずです。

仕事が好きな女性にとって、仕事をセーブすることは悲しいことです。でもどうにもならないこともあるのですね。子供にとっては親は自分しかないのですから変わりはいません。しかし仕事の場合は、ほかの人が代わりに入ることも出来るのです。それを考えると、自分は仕事を取るべきか、また兼業主婦を取るべきかとても迷うのですね。結果はわかっています。おのずと兼業主婦であることを選ぶはずです。

しかし兼業主婦を選ぶということは、自分自身との戦いです。仕事をしたい気持ちに折り合いをつける、時にはすっぱりとあきらめることも覚えなくてはいけないのですね。時には、諦められない気持ちを引きずることもあるでしょう。しかしながら、やはり兼業主婦は、女性であり、主婦であり、母親でもあるのです。それをこなすのは自分でしかないのです。

こう考えると、同性から見ても兼業主婦って凄いなと思います。兼業主婦は増えているとはいえ、誰もが簡単にできることではありません。そのため、兼業主婦は女性のあこがれの姿でもあると言えるのですね。